嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

大ベストセラーの本。

アドラー心理学の考えをもとに執筆された本。

読んだことない人は絶対読むべき!

自分の価値観が変わるのと、違う視点での考え方を知っているだけで、生きることが楽になる。

そして幸せとはなにかについて、考えるきっかけにもなる。

アドラーが提唱する3つの重要な考え

①目的論
現在起こっている心理的問題は、今の目的がそうしているだけである。
現在を変えるだけで過去の意味づけが変わり、人生を変えることができる。

②課題の分離
「自分の課題」と「他者の課題」とを明確に分け、他社の課題には介入すべきでない。

③共同体感覚
他者からの承認を求めるのではなく、全体の一部として貢献することで、自分が価値ある存在だと認識できるという感覚を持つ。

幸せになる3原則

①承認欲求を捨てる
他者の期待を満たすために生きているのではない。
人に認めてもらうことがゴールではない

②課題の分離
自分の信じる道を選ぶ
他人ではなく、自分軸での考え

③仲間に貢献

まとめ

自分の人生を生きていく中で、このアドラーの考えがあることですごく心が晴れた。

実際に行動として移すとなると正直難しい部分もある。

でも、考え方を知っているだけで人は楽になれる。

実際この本を読んだ後で、悩み相談を受け、アドラーの考えを伝えると、気持ちが楽になったと言ってもらえた。

自分という軸がぶれないために、自分の信じる道を選び、幸せになるためにもこの考え方は知っておくべきであると感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です