強運の人の考え方と特徴とは?

あなたは運がいいですか?

運がいい人はこの質問に対して自分は運がいいと答えます。

自分を喜ばせると、運気はアップします。

自分の幸せを一番願っているのは「自分」 。

あなたは 今、毎日、どれくらい楽しく生きていますか?

大声で笑ったり、心から楽しい! と思うようなこと があるでしょうか。

あなたが、自分の接待係だとして、どれくらい自分を喜ばせていますか?

今回は大好きな本田健さんの「強運の法則」から学んだことを書いていこうと思います。

運とは?

運とは「ワクワクするときに生まれるエネルギー」のこと

強運の人の特徴と考え方

・運のいい人は、「人生は、思い出でできている」ということを知っています。

だから、行動することに喜びを見いだしています。

・自分の幸せは、自分で責任を持たなければいけない。

・運を高める簡単な方法は、移動すること。

・気が停滞した人でも、速度の出る乗り物で移動すると、少し元気になる。

・「身軽さ」は、運を呼び込む重要な条件。

・面倒くさいと思ったら、そこから、さらに三手間かけるようにしている。

・他力本願を中心に生きている人に幸運はやってきません。

・運とは、できる限りのことを最大限やっている人に与えられるボーナスのようなもの。

・自分のエゴを捨てて、相手を立てられる人に運はついてきます。

「愛を持って上手に負ける」 こと。

・お金持ちへの早道は、お金を使うことです。お金を貯める人よりも、上手に使う人に、金運は引き寄せられられる。

・仕事をするとき、「どうやったら、もっと多くの人に貢献できるだろう?」と考えるクセをつけると、いろいろなアイデアが出てくる。

印象に残った言葉

・人は、幸運の時に人間性が問われ、不運の時にその人間性が磨かれる。
・「人を応援したい、もっと喜ばせたい!」という気持ちで仕事をしていると、まわりに運のいい人、すばらしい人が集まってきます。

運のいい人は、人を助けてあげようとするから、類は友を呼ぶ法則で、自然と引き寄せるのです。

・運のいい人は、「人生は、思い出でできている」ということを知っています

・運とは、できる限りのことを最大限やっている人に与えられるボーナスのようなもの

まとめ

運とは「ワクワクするときに生まれるエネルギー」のこと。

強運の人は自分のことを大事にしており、周りも大事にしています。

そして自分の人生を楽しく生きており、そのために最大限行動しています。

そして強運の人の周りには「人」が集まります。

「人を応援したい、もっと喜ばせたい!」という気持ちで仕事をしているからです。

忙しいと疲れが重なり、ついつい大事なことを忘れてしまいがち。

自分のメンテナンスもしっかりとすることで、周りにも「愛」が注ぐことができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です