一瞬で自分を変える法

一瞬で自分を変える方

世界的に有名なカリスマコーチであり、アメリカで最も影響力があると言われているアンソニーロビンズ。
そして僕が好きな作家本田健さんがこの本を翻訳しています。
これは読むしかないと感じ本を手に取りました。

NLPという心理学についての学びと、今学んでいるコーチングについての理解を深めることに繋がった。
自分自身で脳をコントロールすること。
そうすることで、心身ともに良い状態にすることができる。
そしてこの二つNLP×コーチングとトレーナー×食生活アドバイザー
4つを掛け合わせるとトレーナーとして差別化できると確信しました。

印象に残った言葉と学び

失敗はない、あるのは結果のみ
失敗=恐怖を刷り込まれている
→絶対に失敗しないとしたら何をしますか?
この問いに対して、自分はもっとやりたいことがあることに気づけた

・失敗はジャンプ台

・強くなりたければ、強いふりをしろ

・行動とは精神状態の結果に他ならない

・身体が最高の状態なら、脳も効率よく動く

生きることの意味は与えることだ

いい意味でパブロフの犬になる

特定のきっかけによっていつでも決まった反応が起こるようなアンカリングをしておけばいつでも能力を発揮。
→拳を握るとやる気が出る状態にする
→目を瞑り成功した体験を思い出し、拳を握りイメージする
→繰り返すと拳を握るとやる気に満ちた状態にいつでもできるようになる

成功するための5つの信条

①環境
②経験、出来事
③知識
④成功体験
⑤イメージする

絶対に成功するダイエット

著書では心理学に基づいたダイエットの成功の秘訣についても書かれていた
①食べたいと思ったときに、食べて太った醜い姿を思い浮かべる
②筋トレして変わった自分をイメージ
→やったね、かっこいいと自分自身に言って褒めてあげる
これで過食を防ぎ、効果が出る

人には視覚、聴覚、体感覚の3つの1つだけ突出している部分がある

海と聞いて何が思い浮かびますか?
①ビーチ、海等のイメージ→視覚
②波の音、人が賑わっている音→聴覚
③塩のしょっぱさ、じりじりとした暑さ→体感覚

その人が3つのうち何に長けているかで、伝わり方が変わってくる。
視覚の人に映画の臨場感ある音と言われてもピンときにくいし、聴覚の人に映像の綺麗さを熱弁しても入ってこない。

まとめ

自分で脳をコントロールすることで、いつでもやる気が出る状態を作ることができる。そして人には伝え方、伝わり方が様々で、コーチングでは自分一人では考えもつかなかった「気づき」を感じることができる。
自分自身の心の状態もいつでも良い状態にしておき、コーチングによって人の役に立ちたいと改めて思いました。
人生について役立つ知識がぎっしり詰まっている本なので、是非読んでみてください!
アンソニーロビンズはさすが世界一のコーチだときっと思うでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です