お人好しは成功しない!?3つのタイプ別診断 

こんにちは。
突然ですが、ギブアンドテイクという言葉はみなさん聞いたことありますか?

与える人、奪う人、そしてそのバランスを取る人。

人は3つのタイプに分けることができます。

今回はその3つのタイプについて詳しくお伝えしていこうと思います。

参考本はこちら↓

3つのタイプ

①ギバー

与える人。人に見返りを求めずにまず相手に与える。
何をしてあげるかの精神の人。
全体の25パーセントがこのギバーに当たる。

②テイカー

奪う人。ひたすら奪うことだけを考える。
何をしてもらうかの精神の人。
全体の20パーセントがこのテイカーに当たる。

③マッチャー

ギブアンドテイクのバランスが大事な人。
与えられたら与える、しかし攻撃してくる人には攻撃する。
全体の55パーセントがこのマッチャーに当たる。
なので大抵の人はこのマッチャーに当たる

成功するのが最も低いのがギバー

ギバーの特徴として、お人好しでなんでもしてあげる人が多い。

あの人困っているから助けようと、自分の仕事が終わっていないのに助ける、もしくは人からの頼まれごとを全て引き受けてしまったりする。

このような自己犠牲のギバーはテイカーにいいように使われてしまう。

言い換えるとテイカーに搾取、それによって消費していくだけ。

そして自分の仕事が疎かなので、「いい人なんだけど」結果があまりついてこない。

このような自己犠牲のギバーの特徴として、他人を助ける→自己犠牲→自分が苦しくなる

このようになってしまう。

成功するのは?

では成功するのは3つのタイプにどれか?

実はこれもギバーである。

どういうことかというと、成功しないギバーと成功するギバーの2種類のタイプの人がいる。

成功しないギバーは前述した「自己犠牲」のギバー。

では成功するギバーはというと「他者思考」のギバーである。

他者思考のギバーとは、win-winの関係を築けるギバーのこと。

つまり誰にどうやってギブするかを考えることができること。

そして最大の特徴は、他人のことも考える。そして自分のことも考える。

これが自己犠牲のギバーとの大きな違い。

成功する順番を並べると

  1. 4位 自己犠牲のギバー
  2. 3位 テイカー
  3. 2位 マッチャー
  4. 1位 他者思考のギバー

大事なことはテイカーを避けること

実は最も大事なことは、テイカーを見分け避けること。

見分けることができれば、自分が疲弊することは少なくなる。

ギバーとギバーの組み合わせは、お互い与える良い関係。

ギバーとマッチャーもお互い与える良い関係。

この関係の中にテイカーが入ることで奪い合いが入ってしまう。

テイカーの特徴をおさらいすると、

とにかく奪うことしか考えていない人。

テイカーがギバーと組み合わさると、ギバーからもらうことばかりになる。

またマッチャーと組み合わさると、お互いの奪い合いになる。

つまりテイカーとは関わらない方がいいということになる。

しかし、テイカーは奪うための仮面をかぶっている事が多い。

つまり、より多く奪うために、人に見返りを求めたギブをしたり、また人当たりが良くて愛想が良いのもこのタイプに多い。

そして大事なことはこの人当たりのテイカーを見分ける事ができるようになること。

テイカーの見分け方チャック

人当たりの悪いテイカーは見分けるのが簡単だが、人当たりの良いテイカーを見抜くことは難しい。

ただ判断項目がいくつかある。

  1. SNSのアイコンが実物よりも何倍もよく映っている
  2. 人生を劇的に変えた人を4人挙げてもらうと4人とも地位の高い人を選ぶ
  3. 目上の人には媚びて、下の人を見下す
  4. なんでこのくらい応えてくれないの、このくらい良いやんという言動が多い

これらが当てはまれば当てはまるほど、テイカーの確率が高い。

特に③の下を見下すというのは、会社の部下にもそうだが、レストランやコンビニの店員さん、タクシーの運転手さんに横柄な態度を取る人が多い。

まとめ

テイカーを見分けて、避けるということは、自分が成功する確率を上げることに関連するが、自分自信が無駄な戦いに巻き込まれて疲弊しないためにも大事なこと。

そしてwin-winの関係を築けていける人たちと組んでいくことができれば、もっと人生はよくなっていく。

他人のことを考え、自分のことも考える。

誰にどうやってギブするか、まず与えることを考える。

これが今回学んで電撃が走るくらい印象に残った言葉であって、自分の胸にも刻もうと思いました。

参考本はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です