人口800人の村 奈良の秘境 下北山村で絶対行くべき絶景4選

先日、奈良県にある下北山村に行ってきました。

下北山村は一言でいうと大自然!(笑)

野生の鹿、猿にも出会い、満点の星空、絶景を見て感動しました。

そして村人との触れ合いで満喫することができました。

今回は特に下北山村を訪れるなら絶対行ったほうがいいスポットを紹介します。

そもそも下北山村とは

奈良県の南東部に位置する下北山村は、上北山村や十津川村、和歌山県北山村、三重県熊野市に接しています。

四方を山に囲まれ、面積の約半分が「吉野熊野国立公園」に指定。西側には世界遺産「大峯奥駈道」を有する雄大な大峯山系が連なります。

県庁所在地である奈良市や大阪までは車で2時間40分ほどかかりますが、市街地のある熊野市までは約40分ほど。便利ではありませんが、不便ではなく、むしろ物理的に便利を得にくい場所にあるからこそ育まれる“豊かさ”を感じることができます。

人口は約800人の小さな山村。

世界遺産にも登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」に含まれる大峯奥駈道や、日本最大級の貯水量を誇る池原ダム、そして透明度が高く美しい「前鬼ブルー」として有名な前鬼川などで知られています。

気候は山岳地帯のため、海洋の影響を受け、多雨地帯に区分されますが、山々の間隔がやや広いため日当たりが良い場所も多く、比較的温暖な気候といえます。

冬の積雪は少なく、平均で年に1〜2回程度です。

絶対行きたいおすすめスポット

①前鬼・不動七重の滝(ぜんきふどうななえのたき)

総落差およそ160m、「日本の滝百選」にも選ばれている関西随一の絶景です。

林道を通って車で気軽に行けるスポットであり、静寂の中で壮大な滝の表情を見ることができます。

②前鬼トチノキ巨樹軍

前鬼から登山道を20分ほど登ったところに奈良県指定天然記念物の前鬼のトチノキ巨樹軍があり、幹の回りが10mを越す巨木には圧倒されます。

そしてこの登山道が最高に気持ちがいい!

まるでもののけ姫の森を彷彿とさせるような森。

コケがまたいい味を出しています。

川も綺麗で飲むことができます。

川の音、鳥のさえずり、森の新鮮な空気、眠っていた五感が研ぎすまされていくような気持ちの良い感覚になります。

そしてメインのトチノキは壮大で、中が空洞になっており中に入ることができます。

自然の魅力にハマること間違いなしです!

このあたりでは、コケが生えており、裸足で歩くことができとても気持ちがいいです。

この大自然の中で瞑想してみました。

③渓流「前鬼ブルー」

下北山村の抜群の透明度を誇る渓流を「前鬼ブルー」と呼ばれています。

下北山村の透明度の高い渓流は、生活を潤す村の財産であるとともに、夏には涼を求める家族連れや、アマゴ涼を楽しみにたくさんの釣り人が訪れます。

この豊かで美しい水こそ、村の風土と文化を育んできた要と言えます。

本当に綺麗な川とはこれのことだ!!

と感動すること間違いなし!

この渓流は、先ほど紹介した前鬼・不動七重の滝(ぜんきふどうななえのたき)の横の階段から下に下ることができ、そこの渓流がバーベキューもできておすすめです。

④池原湖(池原ダム湖)

まさに絶景!山上のリアス式海岸

池原ダムの建設により誕生した湖であり、人口湖としては近畿最大。

紀伊山地の険しい地形が基となっているため、独特の景観美を形成しています。

また、大型のブラックバスを育む環境にあるため、バス釣りのメッカとして全国的に知られています

ここでボートを借りて釣りをするのは最高に気持ちがよかったです!

釣りもでき、人工物が一切ない大自然の景観も最高です!

大自然を満喫できる下北山村にぜひ足を運んでみてください。

きっと感動する景色、体験に出会えること間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です