ほっとくと危険!?すぐチェック!夏バテの症状と対策

今年の夏は一段と暑いので、身体が重い、だるいと感じている方も多いのではないでしょうか。

実際僕のお客さんでもそういった症状を訴えてくる方も最近多くいます。

それはいわゆる夏バテに当てはまることが多いです。

ただ夏バテは暑さのせいだけではありません。

夏バテチェックリスト

①食欲が落ちている
②なんとなく体調が悪い
③暑さでなかなか眠れない
④生理痛がひどくなる
⑤頭痛や肩こり、むくみがひどくなる
⑥お腹を下しがち
⑦温かい食べ物より、そうめんなどの冷たいものを食べることが多い
⑧飲み物は、ほとんど冷たいものを飲む
⑨一日中冷えた冷房の中にいる

これが3つ以上当てはまる方は夏バテの症状です。

夏バテ対策

クーラーの直接当たる場所は避ける

オフィスで働いている方は薄着を着る、レッグウォーマーをつけるなど対策

気温差5度以上にならないように調整する

家で冷房の調整できる方は、直接当てないことと、冷房の温度を下げ過ぎないように

湯船に浸かる

血行を良くするためにも、そしてまた睡眠の質の向上のためにも湯船には浸かったほうが良い
またお風呂に浸かることでリラックスでき、自律神経を整えるためにも良い

寝る前は照明を暗くする

ずっと明るい部屋にいると交感神経が優位になり、なかなか寝つけなくなることに
照明を暗くして、できれば電子機器もあまり触らないほうがいいでしょう

味噌汁を飲む

味噌汁は最強
味噌やワカメなどから、汗で流れがちな塩分やミネラルも取れる
アサリやシジミなど貝類が入ったものなら、肝機能を高めるタウリンも豊富。弱った内臓を元気にしてくれます

朝日を浴びる

朝日を浴びることで体内時計がリセットされて、睡眠の質も良くなる
ずっと浴びる必要はないので、起きたらカーテンを開けて朝日を浴びながら伸びしましょう

首、脇を冷やす

暑さで火照ってしまっている場合は首と脇を冷やすと良い
このような首に巻くタイプや

直接当てる冷却パック(筆者はこっち派です)

このような冷えピタもいいですね。

まとめ

夏バテは身体の冷やし過ぎ、そして自律神経の乱れからくることがほとんどです。

その結果、睡眠の質が下がる、だるい、食欲不振になるといった症状が出てきます。

身体を冷やし過ぎないようにすること、血流を良くすること、睡眠の質を良くすること、この3つをしていただければ夏バテは予防できます。

まだまだ暑い夏が続きますが、オリンピック応援しながら乗り切っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です