辛い食べ物で体を温めて脂肪燃焼と免疫アップ!

カプサイシンって聞いたことありますか?

主に唐辛子に含まれている辛味成分のことです。

このカプサイシンはなんと、ダイエット効果や様々な健康に良い効果があります。

詳しく解説していきます。

カプサイシンの効果

①肥満予防、脂肪燃焼

アドレナリンの分泌を促す働きがあるカプサイシンは、脂肪を燃焼しやすくし、エネルギーを効率良く代謝させるため、肥満を予防する効果があります。

アドレナリンが分泌されると、脂肪分解酵素リパーゼが活性化されます。その結果、早い段階から脂肪が燃焼され、体脂肪が溜まりにくくなります。

②血流改善

辛いものを食べると体が熱くなる経験は誰もが経験したことあるのではないでしょうか?

カプサイシンには、エネルギーの代謝を活発にさせることで体を温め、血流を改善する効果があります。

③冷え性改善

現代人は基礎体温が低い傾向にあり、特に女性の7割は冷えを感じているといわれています。

冷えた状態が続くと、体内の消化や吸収の力が低下するほか、腰痛、頭痛、めまい、立ちくらみなどの症状が引き起こされます。

冷えは、血が異常に集まるうっ血状態を招くため、血行が悪くなる要因にもなります。

カプサイシンには末梢血管の血流を改善し、体を温め、冷え性を改善する効果があります。

④疲労回復効果

カプサイシンは、血行を促進し、老廃物の排出させることによって、疲れが溜まりにくい体をつくることができます。

⑤便秘解消

カプサイシンには、腸が便を押し出すぜん動運動を促進する整腸作用があります。

そのため便がスムーズに排泄され、便秘を改善する効果があります。

⑤食欲を増進させる効果


カプサイシンがもたらす辛味は、舌や胃を適度に刺激するため、唾液や胃液の分泌を活発にさせます。
カプサイシンにはこの働きにより、食欲を増進させる効果があります。

オススメ料理

カプサイシンを使ったオススメ料理はずばり鍋です!

鍋は手軽にできて、野菜も取れて栄養価もあって万能です!

あと一人暮らしの方でしたら、鍋は片付けも楽です。

辛いもの好きな人はキムチ+唐辛子でキムチ鍋に。

そこまで辛くないのが良い方は鶏ガラベースのスープに好きな具材を入れて輪切り唐辛子を入れるのがオススメ。

鍋はバリエーションが色々できて最強です!

まとめ

唐辛子の主成分であるカプサイシンは脂肪燃焼効果や冷え予防など様々な健康に良い効果があります。

特に冷えは血流の流れが悪くなり、ダイエットには天敵です。

たまには辛い食べ物を食べて体を温めて、運動をプラスすると脂肪燃焼効果はもっと上がります。

ただしカプサイシンには食欲増進作用もあるので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です