スムージーでは痩せない!?その理由とメリットデメリット

みなさんスムージーダイエットは聞いたことありますか?

芸能人やモデルが愛用しているダイエット方法の一つでメディアに取り上げられたこともあり、有名なのがグリーンスムージーダイエットと呼ばれています。

芸能人が愛用していることもあり、食事をグリーンスムージーに置き換えてダイエットしているという人も多くいるかと思います。

しかし、スムージーを飲んでも痩せません!

正確に言うとスムージーだけを飲んでいても痩せません!

グリーンスムージーダイエットをしている人の中で、正しいグリーンスムージーダイエットを知らないという人が多いようです。

グリーンスムージーを飲んでも痩せない理由はどこにあるのでしょうか?

もし、グリーンスムージーダイエットをしているのに痩せないという人は、1度見直してみましょう。

グリーンスムージーを飲んでも痩せない理由

使う果物の量が多い

グリーンスムージーを作る時、飲みやすいのは「緑の葉野菜4:果物6」と言われています。

スムージーを作る時、少しでも野菜の青臭さを消すために甘みの強い果物を使う人がいますが、実はこれが痩せない原因になっています。

果物には果糖が含まれているため、他の食事で糖質を抑えてもトータルで見ると糖分を多く摂取していることになります。

果糖の糖質はご飯や、麺類よりは血糖値の上昇がゆるやかになりますが、それでもやはり量を取り過ぎてしまうと太る原因になってしまいますよね。。

たとえばグリーンスムージーにはバナナ、りんご、キウイ、パイナップルなどの果物を使うことが多いです。

果糖の糖質はご飯や、麺類よりは血糖値の上昇がゆるやかになりますが、それでもやはり量を取り過ぎてしまうと太る原因になってしまいますよね。。

もちろん糖質だけでなく、カロリーもしっかりありますね!

冷たいグリーンスムージーを飲むことで体が冷えてしまう

冷たいものを飲めば胃や腸といった内臓が冷えるため、体全体が冷たくなってしまいます。

しかしグリーンスムージーの場合、野菜や果物の酵素を活かすために温かくして飲むことはありません。

ジューススタンドなどで飲むグリーンスムージーは、ミキサーで撹拌する時に出る熱で酵素を壊さないように氷を入れて作っていることが多いです。

特に朝食をグリーンスムージーにしている人は要注意で、朝体温が下がるとなかなか体温が上がらず、代謝も落ちてしまいます。

トレーナーの食事指導では、朝は温かい飲み物をすすめているのですが、冷たい飲み物を特に寒い時期に飲むと
体が冷えて、代謝もわるくなることに!

ほかにも、体温が下がると女性ホルモンの分泌が悪くなったり低体温に繋がるので、グリーンスムージーを飲む時は常温にするなど注意が必要です。

栄養が偏ってしまいエネルギーが燃焼されない

グリーンスムージーは野菜や果物の栄養素が摂取できると人気ですが、代謝をアップさせたりエネルギーを燃焼するには野菜や果物の栄養素だけでは足りません。

特にタンパク質!
たんぱく質が不足すると筋肉が痩せ細り、基礎代謝が落ちることに!

脂質が不足すると体温や血圧のコントロールが悪くなり、低体温に繋がることに!

野菜や果物の栄養素ばかり摂取しても、上記のような栄養素が不足すると代謝などが悪くなるため痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

グリーンスムージー以外の食事でバランス良く食事をすれば問題ありません。

ダイエットだからといって野菜などの低カロリーなものばかり食べていると、栄養が偏ってしまい痩せにくい体になるので注意が必要です。

咀嚼をしないため満腹感が得られず食べ過ぎてしまうことがある

1日1食を、グリーンスムージーにしてダイエットをしたことある、もしくは継続している方も多いかと思います。

そしてグリーンスムージーを飲んだ後に何か軽く食べてしまうという声を良く聞きます!

グリーンスムージーはカロリーがあるのに、どうして満腹感が得られないのでしょうか?

そこには噛むこと、つまり咀嚼があります!

食事をする時、よく噛むことで満腹感が出ます。

また、1回の食事を30分かけて食べると少量でも満腹になると言われています。

食事は咀嚼し、時間をかけて食べることが良いとされているのですが、グリーンスムージーの場合、液体のため咀嚼もせず時間もかかりません。

液体のため、血糖値の上昇も早く、満腹感が得られず間食をしたり、次の食事を食べすぎたりしてしまうため、痩せないということに繋がることも!

食事や運動不足で摂取カロリー、糖質の方が多くなっている

グリーンスムージーダイエットをする時、「スムージーを飲めば痩せる」と勘違いしている人がいますが、そうではありません。

グリーンスムージー以外に高カロリーな食事や甘いものばかり食べてしまえば、摂取カロリーが増え、糖質摂取量も増えてしまいます。

そして効果的に痩せるためには、適切な食事と運動は必要です。

運動は基礎代謝を増やすことになるので、痩せやすく太りにくい体に!

グリーンスムージーのメリット

美肌効果

野菜や果物には多くのビタミンが含まれていますが、美肌に欠かせないビタミンと言えばビタミンCです。

ただしビタミンCは熱に弱い性質があることから長時間の加熱調理では、多くの成分を失ってしまうことに。

その点スムージーは熱を加えることがないため、効率よくビタミンCを摂取することができます。

免疫力アップ

私達の体は、紫外線や化学物質、食品添加物、環境汚染、そしてストレスなどが原因で、活性酸素という物質を体内で生み出してしまいます。

この活性酸素は老化の根源とも言われており、体内で増えると生活習慣病を始めとした病気になりやすくなってしまったり、新陳代謝が落ち太りやすくなってしまうのです。

しかし、グリーンスムージーの原料となる生の野菜や果物には、酵素が豊富に含まれています。

便通が良くなる効果

グリーンスムージーには食物繊維が豊富に含まれているため、腸のぜん動を運動を促し便秘を解消する働きがあります。

また、酵素には消化機能を助ける働きもあるため、腸に溜まった老廃物を排出してくれるため便通がよくなります。

しかし、便秘で腸の調子が悪い時はお腹が張ってしまうことがあるのですが
食物繊維を摂り過ぎてしまうことでさらにお腹が張ってしまうことにもあるので注意が必要!

血液がサラサラになる効果

血管内で血液の流れが悪くなる一番の原因は、血栓(血の塊)ができてしまうためなのですが、葉物野菜にはこの血栓ができるのを防ぐクロロフィルと呼ばれる成分が多く含まれています。

このため、血液の流れがスムーズになり酸素が体の隅々まで行き渡るので、冷え症の改善や肌荒れなどを予防する効果も期待できます。

足のむくみを解消

野菜や果物に含まれるカリウムには利尿作用があるため、むくみを解消する効果があります。

また、むくみはセルライトの原因とも言われているため、グリーンスムージーを飲むことでセルライトの予防効果も期待することができます。

ストレス解消とリラックス効果

野菜や果物に多く含まれるビタミンには、精神を安定させる効果があります。

さらに、果物に含まれる果糖には、脳に安らぎを与える働きがあるため、リラックス効果もあります。

グリーンスムージーでダイエットする時に注意したいこと

冷え性の人や過敏性腸症候群の人は飲み方に注意が必要

グリーンスムージーは、緑の葉野菜を多く摂取するため野菜不足の人に向いている飲み物です。

しかし、全ての人が向いている飲み物ではありません。

  • 冷え性の人
  • 下痢しやすい人
  • 過敏性腸症候群の人
  • 便秘でお腹が張っている人

こういう人は、グリーンスムージーを飲む時は注意が必要です。

緑の葉野菜は食物繊維が多く含まれています。スムージーにすることで食物繊維も効率よく摂取することができますが、腸が敏感な人には食物繊維が刺激となり下痢や腹痛といった症状に繋がります。

そして、食物繊維を摂り過ぎてしまうことでさらにお腹が張ってしまうことにもあるので注意が必要!

また、グリーンスムージーは氷や水を入れて撹拌するため、冷たくなっています。この冷たさも腸に負担をかけてしまいます。

緑の葉野菜を過剰摂取すると消化不良を起こすこともあるので注意が必要です。

冷え性の人も、冷たいスムージーを飲むとさらに体温低下に繋がるため、飲む場合は常温に戻したものを飲むように心がけましょう。

野菜や果物の酵素を摂りたいなら酵素が失われる前に飲む

グリーンスムージーダイエットは、1日1リットル以上のグリーンスムージーを飲まなくてはいけないため、作り置きをしているという人も多いと思います。

しかし、グリーンスムージーを作り置きしているとせっかくの野菜や果物の酵素が酸化したり、時間と共に失われていきます。

野菜や果物の酵素を摂取したい場合は、作ったらすぐに飲むようにしましょう。

飲む度にミキサーでグリーンスムージーを作るのが難しい場合は、ドラッグストアなどで販売されている粉末タイプのグリーンスムージーや通信販売されている冷凍されたグリーンスムージーがオススメです。

まとめ

「グリーンスムージーだけ飲んでいれば痩せる」は間違いなのはわかっていただけましたでしょうか?

グリーンスムージーを飲むことで野菜の栄養素を効率よく補給でき、1食置き換えたり間食をグリーンスムージーにすればカロリーは抑えられます。

しかし、グリーンスムージー以外の食事が高カロリーになればグリーンスムージーを飲んでも摂取カロリーがオーバーしてしまいます。

グリーンスムージーはあくまでもダイエットのサポートであり、これを飲んでいるだけで痩せるわけではありません。

グリーンスムージー以外の食事バランスはもちろん、適度な運動を取り入れないとダイエットにはなりません。

雑誌やテレビで「グリーンスムージーダイエットは痩せる」と書かれていると、それを信じてすぐにグリーンスムージーを始めたという人も多いと思います。

しかし、グリーンスムージーにはメリットだけではなくデメリットもあり、グリーンスムージーを飲んでいるだけでは痩せないのです。

メリット、デメリットを知ったうえでのダイエットはとても大事!

それはほかのダイエットでも同じです!

そしてダイエットをする時は、自分にそのダイエットが向いているかを知ることが大事です。

そしてグリーンスムージーダイエットをする時は、スムージーに頼るだけではなく、運動はもちろん、日頃の食事や運動を見直してみてくださいね。

グリーンスムージーを飲むだけで絶対に痩せるということはありません。まずは、自分の毎日の食事を見直してグリーンスムージーが合っているかを知りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です