あなたは朝型?夜型?それぞれの時間帯のトレーニングのメリット、デメリット

皆さん筋トレは朝派ですか?夜派ですか?

朝型と夜型に分かれているのと同じように人によってトレーニングしやすい時間帯はあります。

今回は朝トレと夜トレのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

朝にトレーニング

メリット

・1日の代謝が良くなる
・身体が目覚める
・筋トレ後の仕事の集中力アップ
・朝は比較的自分の時間を作りやすいので継続しやすい
・夜の寝つきが良くなる

デメリット

・筋トレする分だけ早起き
・起床後は身体が眠っている状態なので、ゆっくり時間をかけて体をほぐしてからしないといけない
・身体が目覚めるのに時間もかかるので、高重量を取り組むまでに時間がかかる

夜にトレーニング

メリット

・日中体を動かしているので、体が動きやすい
・動きやすいモードに入っているので、ハードなトレーニングもしやすい
・成長ホルモンの分泌が活発
・ケガのリスクが少ない
・寝つきが良くなる

デメリット

・残業や飲み会など急な予定が入りやすい
・夜の遅すぎる時間でのトレーニングは逆に睡眠の質を下げる(目安は21時までが理想)

トレーニングを避けるべき時間帯

空腹時、満腹時

空腹でのトレーニングではエネルギー不足になり筋肉を分解してしまう。

満腹時では体が重たく、ハードなトレーニングはできない。

空腹の状態ですぐトレーニングしたい方はバナナもしくはBCAA、EAAのドリンクを飲むことをオススメ。

寝る直前

交感神経の切り替えが難しく寝つきが悪くなり睡眠の質を下げてしまう。

まとめ

朝はしっかり時間が取れるならハードな運動もオッケー。

時間が短く限られている場合は軽めの運動に留めておくほうが、日中のパフォーマンスが上がります。

夜はハードなトレーニングでしっかり追い込んでオッケー。

ただし夜遅すぎるトレーニングは睡眠の質に影響するので控えたほうがベター。

僕自身は実際に両方試してみて、自分は夜の方が向いていると感じたのでトレーニングは夜型です。

一度両方試してみて、自分にあった時間帯を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です