ユダヤ人大富豪の教え

今年読んだ本の中でトップ3には確実に入る。
最近では流し読みすることが多いのだが、この本はしっかりと全ページにかけて集中して読むことができ、あっという間に読み終わった。
そのくらいのめり込んで読んでしまう本だった。
この本では「思考が人生を作る」ということ、そして「好きなこと楽しいと感じることは何か」について考えさせられ、その価値観について学び振り返ることができた。

セールスの成功の原則

①絶対売ると決める
②信頼される人格になる
③イメージを描けるようにし、感情に訴える
④商品、サービスに完璧な知識を持つ
⑤クロージングのテクニックを持つ

気づきと印象に残った言葉

仕事の考え方

・サービスの質と量で報酬額は決まる
・仕事が好きでしょうがない人間が儲かる
→お金儲けのことばかり考えている人間より遥かにこちらのほうが良い
モノやサービスを売ることで、人に心から感謝され、応援される
→自分は他者に健康な未来を提供している
・人は人を喜ばせた分だけお金を受け取れるようになっている
・利益はお客の喜びからお金に転換されたもの

セルフイメージ

・思考が人生を形作り、感情が人生をコントロールしている
日常的に話す言葉が運命を作る
→最高、いいねを口癖にする。
・理想の状態をイメージすること

マインド
・自分が好きなことは、周りが評価してくれなくてもそれをやるだけで楽しくてしょうがないこと
→大事なのは自分軸であること
プレゼントをうまくあげる
→今まで人にプレゼントをほとんどしたことがない
・お金は社会の中を流れる川のようなもの
→お金に囚われていては幸せにはなれない
・成功するには行動力と決断力
・失敗とは何を失敗したと考えるか

ネクストアクション

普段お世話になっている人にプレゼントをする。
理想の状態をしっかりイメージできるように、どうなっていたいかをもっと具体的に考える
お金は大事だが、目先のお金に囚われるのではなく、人が喜んでもらった対価として受け取っているということを認識する。
お金を使うときはモノやサービスを買っているということ、お金に感謝する。
自分の人生の価値観、優先順位をはっきりさせる。

まとめ

仕事に対する考え方、セルフイメージの重要性、そして漠然とした幸せについて「これだ」と思わせてくれるように見事に言葉として自分の中に落ち着いてくることが感じられる。
「お金持ちだからといって幸せだと限らない」、今まで思ったことがなかったことについて良い意味で自分の価値観が変わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です