瞑想は心のトレーニング!その効果とやり方

あのGoogleでも実践している瞑想について気になり最近本を読んだりと調べました。

特に印象に残ったことは、脳は筋トレと同じだということ。

どういうことかというと鍛えれば脳の機能が高まるということ。

そして瞑想を続けることによって、活力をみなぎらせていつもエネルギッシュでいることができる。

瞑想の効果

集中力向上
脳のストレス抑える
創造力が向上
心が鎮まり、ストレス減る
自己統制力がつき、サボりたいという欲求を抑える

マインドフルネスとは

最近よくマインドフルネスという言葉を聞くが、マインドフルネスとは数ある瞑想の一種のこと。

心のトレーニングを取り扱い、それは2種類ある。

①注意

対象となるものに意識を集中させること

②メタ注意

注意自体に注意を払う能力のこと

マインドフルネスではこのメタ注意を主に高める。

これを実践することで、集中力が高い状態を維持できる。

瞑想のやり方

①リラックスし、隙がない状態で座る

②なにも考えず呼吸をする

これだけでとても簡単!

ただ続けないと効果がないので、何点かコツを紹介したいと思います。

続けるためのコツ

①考えちゃダメだって思わなくていい

なにも考えず無になるのが瞑想だと思われがちですが、何にも考えないことを維持できるのは最初は数秒程度。

「車の走る音が聞こえる」とか「昼はなに食べようかな」とかどうでもいいことを考えてしまうもの。

ここで大事なのは考えちゃダメと思わなくていいこと。

他のことを考えた自分を認め、そこからまた呼吸に意識を戻すこと。

②自分に合った時間行う

目安は5分ですが、初めはものすごく長く感じる。

なので2分とはでも全然いいので、慣れれば伸ばしていく

③毎日の習慣に組み込む

習慣化するためには自分の習慣に組み込むのが一番いい。

例えば朝起きて顔洗ってからするでもいいし、お風呂上がりの寝る直前にするでもいい。

④目に見える効果はない

瞑想はいろいろな効果があるが、筋トレみたいに目に見える効果はない。

ただ瞑想では心のトレーニングとしてストレスとの向き合い方が上手くなる。

そしてそれが活力をみなぎらせていつもエネルギッシュに過ごすことにつながる。

ダイエットとしての瞑想

例えば衝動的に食べてしまうことで肥満になった

→瞑想では意志の力を鍛えることができる

結果的に食べたいという衝動的な欲を抑えることができ、それを継続できる。

まとめ

瞑想は心のトレーニングとして様々な効果が認められており、それが活力をみなぎらせていつもエネルギッシュに過ごすことにつながる。

目に見えない効果はないとしても続けることで実感として効果が現れてくるので、毎日2分から心のトレーニングの瞑想をしてみましょう。
参考にした書籍はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です