これ以上なにも考えられなくて、思考が固まってしまっていると感じたときの対処法

人は誰でも、多かれ少なかれ「思いこみ」を持っています。

思い込みは、「視点を固定」し、可能性や選択肢を制限します。

思考が固まって進めない、考えられなくなっているのは、自分の「視点を固定」してしまっている可能性があります。

コーチングでは、コーチはクライアントの思い込みを解きほぐし、「気づき」へと導く重要な役割を担います。

そんな「気づき」を促すための、「視点を移動する」という方法をお伝えします。

これを知っておけば、思い込みの思考から脱却し、可能性と選択肢を増やすことができます。

もし悩んだときは、この「視点を移動」するを思い出してください。

視点の主体を変える

①対象者にはどのように見えるか?

例:部下はどのように感じていると思いますか?

②第三者にはどのように見えるか?

例:あなたの親友なら、あなたにどのようなアドバイスをすると思いますか?

③コーチはどのように見えるか?

例:私は(コーチは)〜のように感じました(見えました)
フィードバックのスキルを用いる

視点を事実に向ける

①事実を整理、確認する

例:そう思ったのは、具体的にどのようなことがあったからですか?

②視点を肯定に向ける

例:セッションを始めてから、できていることは何ですか?

③視点を細分化する

例:まず、何から始めることができると思いますか?

④数値の視点に立つ

例:理想の状態を100としたら、今はいくつですか?

視点の時間軸を変える

①将来からの視点に立つ

例:5年後の自分は、今の自分になんと言いますか?

②過去からの視点に立つ

例:・(仕事など)うまくいったときは、何をしましたか?

・3年前のあなたが、今のあなたをみたらどう思いますか?

視点を仮定に向ける

①制約条件を無視した視点に立つ

例:もし、なんの制約もなかったらどうしますか?

②制約条件を加えた視点に立つ

例:もし。明日で世界が終わるとしたらどうしますか?

③目標とする人物の視点に立つ

例:もし、あなたの尊敬する人物だったら、どうすると思いますか?

④視点を外部のリソースに向ける

例:あなたを助けられる人がいるとしたら、まずは誰を思い浮かべますか?

視点を広げる

①視点を感情に向ける

例:そうやっていて、どのような気持ちがしましたか?

②飛躍の視点に立つ

例:あなたならもっとできると思います。
目標を2倍にしてみませんか?

③視点を原点に戻す

例:セッションを通じて達成したい目標を、もう一度確認してみませんか?

④全体の視点を持つ

例:仕事以外では、どんなことが気がかりになっていますか?

まとめ

人は誰でも、「思いこみ」を持っているもの。

考えが止まってしまい、進めないとき、それは自分の視点が固定されているのかもしれません。

視点を移動させる質問を自分自身にすることで、新たな「気づき」を得ることができ、可能性と選択肢を増やすことができます。

コーチングでは、このような視点を移動するということをさせていただき、「気づき」を得てもらえるような質問をします。

そしてこの質問の中でも、コーチからのフィードバック

〜と感じたのですがいかがでしょうか?

というコーチがどのように見えたかを伝えることが、新しい「気づき」へと発展していくことが多いです。

思考を整理したい、自分の想いを知りたい方はぜひ無料体験を受けてください↓


コーチングについて詳しく知りたい方はこちら↓
BMHコーチングについてのサービス内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です