あなたはどれに当てはまる!?対人関係における4つのタイプ診断 

コーチングでは、主として対人関係上の特徴を切り口に、4つのタイプに分けることができます。

4つのタイプをある程度見極めた上で、質問や提案をすることも多いです。

タイプ分けをすることは、こう関わればいいというような「マニュアル化」するためのものではありません。

自分のタイプをまず知り、他の人のタイプの人とどう関わればお互いの良い部分を最大限活かせることができるのか。

これが一番大事なことです。

4つのタイプ

コントローラータイプ

行動的で、自分が思った通りに物事を進めることを好む。
他人から指図されるのを何よりも嫌う。
物言いは単刀直入。
時に人から攻撃的であると言われることもある。

・こちら側でコントロールしないようにすることが大切。

・話をするときは結論から。

・そして相手の攻撃性に惑わされないようにする必要がある。

プロモータータイプ

自分のオリジナルなアイデアを大切にし、人と一緒に活気のあることをするのを好む。
自分ではよく話すが人の話はあまり聞かない。

・自分のアイデアに対して、非常な自信を持っているため、それを却下するような否定的なアプローチをしないことが重要。

・独創性を発揮できる自由な環境を与えることが、能力を発揮することにつながる。

アナライザータイプ

行動に際して多くの情報を集め、分析し、計画を立てる。
物事を客観的にとらえるのが得意で、小さな達成をコツコツと積み上げていく。
人と関わるときも彼らは慎重で、あまり感情を外側に表さない。

・大きな変化を要求せず、彼らの変化のペースに歩調を合わせることが大切。

・無理やり自分の気持ちを言うように仕向けるのは逆効果。

サポータータイプ

他人を援助するのを好み、協力関係を大事にする。
周りの人の気持ちの変化に敏感で、気配り上手。

・自分がしたことを認められたいという欲求が強いので、十分な評価を与える必要がある。

・一方で周囲の期待に応えようとするあまり、自分本来の願望を見失うことがある。

・なにを望んでいるのかを聞いてあげると、信頼関係が深まる。

まとめ

いかがだったでしょうか?

自分のタイプをまず知ることで、他の人のタイプの人とどう関わればいいかがわかってきます。

それがお互いの長所を認め合い、最大限活かすことに繋がります。

自分と相手のタイプを知って、おたがいのいい部分を活かし、そして可能性を広げていきましょう。

【参考文献】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です